読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人権真骨頂

とくがたかいことでゆうめい

Mac mini 2014 のHDDをSSDに換装した

した.

2014年モデルのMac mini を発売した直後に,Core i5, メモリ8GB, HDD 1TBの構成で買った.どうして,SSDにしなかったのかと言われら,高価だったし,容量も少なくなるのでHDD1TBにした.今は,Appleは2014年にもなって,HDD搭載モデルを販売するなや,クソと思っている.

換装した理由

理由は2つある.まず1つは,Mac miniが異常に遅いということ.何をするにも,虹色のアレがクルクル回ってしまう.起動にもとても時間がかかり最悪という感じだった. ちなみに,HDDの読み書き速度はこんな感じ.

f:id:upamune:20160506231230p:plain

もう1つは,1TBのうち,90GBしか使ってないということ.換装するにあたって,SSDはHDDに比べて高価なので,1TBは買えないが90GBしか使ってないなら,250GBのSSDでも大丈夫だと感じた.

換装する準備

換装するにあたって,準備するものがある.

以上のものが必要になる.ダルい.

SSDはこれを買った.

SK Hynix SSD SL301モデル 250GB

SK Hynix SSD SL301モデル 250GB

トルクスドライバーはセットで購入した.

PROMATE 精密ヘクスローブレンチ8p SHL-8

PROMATE 精密ヘクスローブレンチ8p SHL-8

ケースはどれでも良かったけど,評判が良かったのでこれを購入した.

これで,準備が整ったので,換装する.

換装

Mac mini 2014を分解するのは,iFixitのページを参考にした.

Mac Mini Late 2014 Hard Drive Replacement - iFixit

分かりやすい.特にハマるところはなかった.

SSDに換装したら,ケースにいれたHDDを接続して,Optionを押しながらMac miniを起動させる.ディスクユーティリティで,SSDをフォーマットした後,SSDを対象にOSインストールしたら終わり.

換装後

換装した後のディスク読み書き速度はこんな感じ.

f:id:upamune:20160506231247p:plain

以前に比べると,めちゃくちゃ速い.

前のデータは引き継がずに,クリーンインストールした. 前の記事では,LinuxをItamaeでプロビジョニングする話を書いたけど,今回もItamae (+Serverspec)を利用してやったのでその記事も近々書く書いた.

upamune.hatenablog.com

まとめ

もっと早くやっておいた方が良かった.マジで快適すぎる.普通のマシンなら,シュッと換装できるけど,Mac miniは特殊工具を買って分解する必要があったのでダルくてやってなかった.同じようにMac mini + HDDでしんどくなってる方がいたら換装した方がいいですよ.